ブランド服の買取と古着買取の違い

ブランド服と古着、買取はそれぞれ適した場所で

ブランド服であろうと安い古着であろうと、同じ店で買取ってもらう方、おられませんか?実はとんでもない損をしているのかもしれませんよ。 というのも、ブランド服はブランド服を取り扱っている店で売った方が、古着買取をしている店で売るよりもずっとよい値がつくからなんです。 それぞれ買取を行っている店には、その店ごとの「得意分野」、「不得意分野」というものがあります。「ブランドものなのに、自分が思っていたよりも全然値がつかなかった」という経験をされたことがある方は、モノが悪いのではなくそのモノの値打ちを正しく見極めることができない店に原因があったのかもしれません。ブランド服に安い古着、それぞれもとあった場所に返してあげることで正しい価値がつくのです。

ブランド服を売るときには手間を惜しむべからず

みなさんは古着を売るときにその状態をチェックしますか?「一円でも高く売りたい!」と古着の状態を整えて売りに出すことは決して無駄とはいえませんが思ったほどのリターンがないのが事実です。 ただし、ブランド服は違います。ブランド服を売るときに手間を惜しまないことでその手間に見合うリターンを得ることはそれほど難しくないのです。ブランド服を売るときはきれいに選択をしてキチンとたたんで出すだけでも第一印象から大分変ってきます。また、ブランド服を売るときには複数の店で見積もりを出してもらい、比較検討するようにしましょう。ブランド服の買取は古着のときとは違い、時に数千円の違いが生まれます。その数千円をものにするために手間を惜しんではいけないのです。

© Copyright Brand Valuation. All Rights Reserved.