意外と知らない!ブランド服を高く売る秘訣

できるだけキレイな状態で売ろう!

ブランド服をできるだけ高く売るために注意したいのは、できるだけキレイな状態で査定してもらうことです。当然ですが、できる限り新品に近い状態のほうが高く売れます。キレイな状態を保つためにも、日常的に使用している段階から大切に扱う必要があるのです。汚れやシミがつくのを避けて、シーズンオフには必ずクリーニングしてから収納しましょう。防虫剤も忘れないでくださいね。 買い取り価格を下げないためには、できるだけ汚れ・傷みが少ないことが条件です。そのため、飽きた服や着られなくなった服は早めに買い取り業者に持ち込むことをおすすめします。一部の高級ブランドを除いて、発売から時間が経過しているほど査定金額が下がる傾向にあるからです。

売るタイミングを考えよう!

ブランド服を売ろうと決めたら、早めに買い取り業者へ持っていくことが基本です。しかし、とにかく急げばいいとは限りません。売却する時期が買い取り価格に影響を与えることもあるのです。季節感が影響します。 具体例としては、冬服を夏に売りに行くのはおすすめできません。一部の高級ブランドの服を除くと、夏に冬服を(冬に夏服を)買いたがる客は少ないものです。そのため、業者も在庫を増やしたくないので査定金額が下がることがあります。 逆にいえば、夏の終わりに秋冬物を査定に出すのはおすすめです。これからの時期によく売れる品物なので、本格的に寒い時期に査定に出すよりも金額が上がる可能性があります。売る時期を注意しても、服の状態が悪ければあまり意味はありませんが、ちょっとした工夫で金額が変わることは覚えておいてください。

© Copyright Brand Valuation. All Rights Reserved.